住宅・住居を探すときのポイント

サイト内検索(by Google)

住宅・住居は風通しが良いかどうか

夏になると問題になることとしてカビ、ダニがあります。これらの原因としては湿度があるようです。湿度が高くなりやすいところはこれらが増えるとされます。日本の夏は高温多湿なので何もしなくてもその状態ができてしまいます。それなのに余計に高温多湿の状態をひどくすることがあります。それは風がうまく利用できていない時です。風が通るようになると高温はそのままで多湿の部分を改善できることがあります。少しは変化させる事ができるのです。

住宅・住居において、風通しを考えるようにします。窓が多ければ風通しが良くなるように思いますが、単に窓があるだけではダメです。風の通り道を作ることができるかです。風が通るには、風が入る窓、出て行く窓が必要になります。マンションの場合、ベランダの窓しかない場合があり風通しを得にくいことがあります。玄関側の窓を設置することで風通しを確保できる場合があります。一時的にはなりますが、それでも大きな効果を得られます。

一戸建ての場合は四方に窓を設置できるのですからそれをうまく利用します。一つ一つの部屋はできれば窓を2つ作るようにします。そうすれば窓から窓への通り道ができます。扉を利用して風通しを作れば多湿を防ぐことができます。

関連キーワード

Copyright (C)2017住宅・住居を探すときのポイント.All rights reserved.