住宅・住居を探すときのポイント

サイト内検索(by Google)

新築の住宅・住居に建て替えるときの仮住まい

今住んでいる住宅・住居があります。元々は夫婦と子供2人とで生活をしていました。購入した時は新たに土地付きの住宅として購入したものです。将来としては一応子どものうちの1人と生活をして、相続などで譲渡していくことになると思います。相続となるとまだまだ先の話になりますが、住宅を相続しない方の子どもにもしっかりとお金を残せるようにすれば問題は少なくなるでしょう。長男が結婚をして同居するにあたって建て替えを考えるようになりました。

建て替えをする時、まずは今の建物を壊します。そして基礎も取り壊し、更地の状態にします。場合によっては土地の改良を行ってその上に基礎、建物を建てていくことになります。取り壊し自体は1週間程、更地にするのに更に1週間、その後に新しい建物を建てていきますが、1箇月から2箇月ぐらいはかかることになります。となると3箇月ぐらいは別のところで生活をしなければいけなくなります。このときにどのようにするかになります。

全く同じ生活をしようと思ったらそのレベルの建物に荷物を運び込んで住むことになります。一方で多少住むレベルを下げようとするのであれば荷物はレンタルボックスなどに預けておいて最低限の荷物で住むこともあります。
Copyright (C)2017住宅・住居を探すときのポイント.All rights reserved.